足のむくみの原因の解決方法

足のむくみ

夜になると靴がきつかったり、お酒を飲んだ翌日は顔から首のあたりが膨らんでいる人がいます。

どれもむくみなのですが、むくみの起こる原因について考えてみましょう。

まず、言えるのは体の中の水分の悪循環です。

夕方ごろに足のむくみが気になるのは、ふくらはぎの筋肉が弱いのが原因の一つです。
血液は心臓から体全体の末端まで流れていった後、ふたたび心臓に戻ってきます。
要するに体全体を循環しているわけです。

でも、一日中、立ったままで仕事をしていたり、座ったままであったり、あるいは、体温の低めの人はふくらはぎの筋肉が正常に機能できないです。
それで、血液を心臓に送り返す力が弱くてむくみの原因になります。

そのような人の中には、水を飲むと、むくみがひどくなると思い、水分摂取を控える場合がありますが、そうすると、かえって、水分の循環が悪くなります。
なぜなら、排泄しなければならない体内の老廃物や水分が体内に留まりむくみます。

2つ目の原因はストレスです。

ストレスがたまると自律神経の均衡が崩れ血液循環系の調性にも異常が発生し、そうなるとむくみの原因となります。

自立神経は、体を最適な状態に維持するために、自分自身の意思とは関係なく作用する神経で、心臓を動かしたり血管の収縮、拡張、胃や腸の作用の促進、抑制などと様々な結びつきがあります。

3番目の原因は塩分の過剰摂取です。

塩分を過剰摂取すると体内の水分が留まりやすくなります。しかも、水分を排泄するときに、この塩分と一緒に利尿作用を助けるカリウムも一緒に排泄してしまいます。

それでは、むくみの解消方法ですが、

第1の方法は足をマッサージすることです。

そうすると、血液循環が促進され体内の水分も循環しやすくなります。マッサージはお風呂に入ってすると、体も温まっていますので効果的です。アロマオイルを使ってマッサージをすると、そのアロマの香りでリラックスして自律神経の均衡にもつながります。

次はふくらはぎの筋肉を鍛えることです。

ふくらはぎは第二の心臓とも言われ、心臓から送出された血液を心臓の送り返す重要な作用をします。
それで、この重要なふくらはぎを強化する方法ですが、足に留まっている血液を少しでもたくさん心臓に戻し、むくみや冷え性を予防するにはふくらはぎをトレーニングしなければなりません。

そのトレーニング方法は難しいことではなく、次の通りです。

毎日、30分から1時間ほど歩くようにしてください。そのときに重要なのが、かかとから足を付けるようにすることです。
あるいは、立ったままの姿勢でつま先に体重をかけ、ふくらはぎの筋肉に力を入れたまましばらく立っているのです。

なれるまでは難しいかもしれませんが、むくみの解消に効果があります。ヒップアップや下半身のラインを美しくするのにもいいです。

三番目は体内の水分潤滑をさせることです。

一日に必要な水分摂取量は2リットルと言われていますが、水分摂取をしっかりすれば体内の水分循環がよくなります。

四番目は食事によりむくみを改善する方法です。

普段、食べている食品の中には塩分が多く含まれているものもあります。例えば、隠れ塩分の多い食品で、肉や魚の加工食品、レトルト食品、スナック類など、また、ラーメンやうどんなども汁を全部飲むと塩分を過剰摂取されます。

むくみを改善してくれる栄養素はカリウムで、利尿作用のほか、体内の塩分の排泄作用があります。

カリウムが多く含まれている食材はサツマイモ、ジャガイモ、ひじき、ほうれん草、バナナとリンゴなどがあります。

最後に、5番目の方法は、アロマボールとエッセンシャルオイルを用いたアロマテラピーですが、アロマセラピーは、ホルモンのバランスと代謝を活性化させることにより、過剰の水分を排出させ、むくみをなくしてくれる作用があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です